学んだこと

スライドショー

スライドショー

WEB制作技術の引き出しを増やすため、自分なりにアレンジしたコードをアウトプットすることにしました。

その中でも特に勉強になったコードを紹介します。

コピペで使えるようになっているので、あなたのサイトで使っていただけるとうれしいです。

あくまでデザインの一例にすぎないので、調整してオリジナルのデザインを作ってみてください!

スライドショー

今回は複数の画像やコンテンツをまとめて見せるスライドショーを作りました。

ヘッダー画像で使うと第一印象をガラッと変えられます。

おさえておきたいところ

スライドショーを使う目的と使いどころはこんな感じです。

  • 目的:複数の画像やコンテンツをまとめて見せる
  • 使いどころ:画面の読み込み中 / クリック

横移動させて全画面で見せる

See the Pen
横移動させて全画面で見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

 

CSSだけで画像をトリミングできる「object-fit」プロパティ

 

画像の縦横比を維持したまま埋めたい時は、object-fit: cover; を使います。

画像のサイズは縦横のうち小さい方を基準にして自動的に拡大・縮小され、はみ出した部分はトリミングされます。

※もっと詳しく知りたい場合は上の「object-fit」リンクからMDNにアクセスしてください

画像を任意の位置でトリミングできる「object-position」プロパティ

 

object-fit: cover; で画像の縦横比を保持したまま画像の中央でトリミングして表示できるようになりましたが、毎回画像の中央にフォーカスしたいとは限りませんね。

中央以外の位置でトリミングしたい時は object-position プロパティーを設定しましょう。

左上を基準にして、object-position: 横の位置 縦の位置; を記述すればOK。

※もっと詳しく知りたい場合は上の「object-position」リンクからMDNにアクセスしてください

 

フェードイン・アウトさせて全画面で見せる

See the Pen
フェードイン・アウトさせて全画面で見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

ゆっくりズームアウトさせながら全画面で見せる

See the Pen
ゆっくりズームアウトさせながら全画面で見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

動きを組み合わせて全画面で見せる

See the Pen
動きを組み合わせて全画面で見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

動画と組み合わせて全画面で見せる

※動画か再生されない場合、CodePenにアクセスしてください(>人<;)

See the Pen
動画と組み合わせて全画面で見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

複数画像を並列に見せる

See the Pen
複数画像を並列に見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

複数画像を中央に注目させて見せる

See the Pen
複数画像を中央に注目させて見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

複数画像を流して見せる

See the Pen
複数画像を流して見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

2つの画像の動きを対比させて見せる

See the Pen
2つの画像の動きを対比させて見せる
by Web Navigator (@web-navigator)
on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

次回の予定

画像やコンテンツの一覧を俯瞰して見せるギャラリーを作ってみようと思います\\\\٩( ‘ω’ )و ////

WordPressの保守運用ならWEB先案内!

WordPressでのお困りの不具合等を復旧致します!

ココナラでも提供しております。ココナラだけでも、多数のご依頼を頂いています。またココナラではうれしい五つ星評価(最高評価)も頂いております。

WordPressの作業代行

お見積もりも、もちろん無料です。

日祝・時間を問わず対応しております。お気軽にご相談ください。

こんな不具合を解消しています。

下記のようなエラー復旧のご依頼を頂いています。

    • 『WordPressにログインできない』
    • 『ユーザー名、パスワードがわからなくなった』
    • 『ワードプレスを更新したらおかしくなった』
    • 『XXXX年間ビジターアンケートが表示された』
    • 『ログインしようとしたら画面が真っ白(表示されなくなった)』
    • 『サイトによくわからない文字が表示されている』
    • 『400、500などのエラー表示が出ている』
    • 『ウィジェットやバーが表示されない』
    • 『ページが真っ白、エラーページが表示される』
    • 『プラグインが動かない』
    • 『403エラーが出て、サイトが見れなくなった』
    • 『ホームページが改ざんされてしまった』
    • 『不正なアクセスの検知をした旨のメールが届いた…』
    • 『Fatal error: Uncaught Error:
      Call to undefined function wp_unregister_GLOBALS() 』に関するエラー
    • 『作業はやるので代わりに調べて欲しい』
    • 『調べた内容は本当にできる?』
    • 『詳しい人のアドバイスが欲しいだけ』
    • 『WordPressを始めてみたけどこの後どうすればいいの?』
    • 『インストールしたテーマの使い方がわからない…』
    • 『外観>カスタマイズ』で設定できる内容
    • 『ERR_TOO_MANY_REDIRECTS』に関するエラー
    • 『WordPressのバージョンを上げたらおかしくなった』
    • 『テーマを更新したらデザインが崩れてしまった』
    • 『サーバーを移行したら表示がおかしくなった』
    • 『phpのバージョンを上げたらおかしくなった』
    • 『画像をメディアにアップロードできない』
    • 『サイト内の画像がすべて表示されなくなった』
    • 『ドメインを変更したら表示がおかしくなった』
    • 『サーバー移管SSL化(https)』
    • 『他のブログからの引っ越し(アメーバブログ・他のWordPress等)』
    • 『用途に応じたサーバー選び』

    その他『とにかく助けて欲しい!』など、お気軽にお問い合わせ下さい

    どのようなエラーでも復旧可能?

    下記3点のケースを除けば基本的に復旧は可能です。 復旧出来ない可能性のあるケース

    • 元データ自体が無くなってしまっている
    • サイトを改ざんされてり内部ファイルを書き換えられたり削除されている
    • データを誤って削除してしまい、バックアップが無い場合

     

    バックアップをお持ちではなくともサーバー側で自動的にバックアップを取っている場合があり、復旧出来ることもあります。諦めずまずはお問い合わせ下さい。

    お問い合わせ

    「お見積もり無料です!」

    費用は作業完了後にご納得の上でのお支払です。

    作業の流れ(お見積もり)

    • ご連絡頂く
    • 詳細をお聞きする
    • ログイン情報を頂く
    • サーバー・サイトにログインして状況を確認
    • お見積もり金額の提示
    • 依頼頂くかキャンセルされるかご判断下さい。(ここでキャンセルも可)
    • ご依頼確定となれば作業開始
    • 作業完了
    • サイトの確認をして頂く(問題ないようでしたらお支払いに進む)
    • お支払いのご案内(メールにてご請求の案内)
    • ご依頼・作業終了となります。

    WordPress保守管理します!

    WordPress保守管理(月額)サービスも行っております。

    WEB先案内